キャッシングの金利を勉強しよう|注意点も知っておくべき

お得な現地通貨調達方法は

気になる手数料

セーブマネーボックス

海外で旅行をするとき、現地で現金が必要となるシーンが多く、出発前に必要なお金は両替したものの、足りなくなったから現地で通貨を調達する旅行客は多いです。海外で現地通貨を手に入れるには、両替・国際キャッシュカード・海外キャッシングという3つの方法がありますが、手数料や金利の面から見てお得な方法はどれでしょうか。両替は金利はかからず手数料もかからないのでお得に見えますが、交換する為替レートに一定の手数料が上乗せしており、実はこの手数料は結構高いのです。国際キャッシュカードは、金利がかからない分結構お得に見えますが、実はこれにも為替レート手数料+利用手数料が発生するのです。海外キャッシングは、現金を借りるとき為替レートに上乗せされた手数料とキャッシングによる金利の手数料が必要です。しかし、為替レートに上乗せされた手数料は両替と比較してもさほど高くなく、金利による手数料はキャッシングの場合、現金を借りてから返済するまでの間に発生します。海外キャッシングの返済は、通常のクレジットカードと同じようにショッピング利用と一緒に銀行から引き落とされます。リボルビングではなく、一括返済にしておけば良くつきすぐに返せるのでお得です。空港や銀行などでの両替、海外ATMで国際キャッシュカードを利用する方が気軽に現地通貨を調達できますが、海外キャッシングの方が実は手数料が一番安くて、お得な現地通貨調達方法といえます。

現金を借り入れる方法

メンズ

急にお金が必要になることはよくあることです。預貯金があれば、そこから出すこともできますが、預貯金があるとは限りません。そんな時に役立つのがキャッシングです。クレジットカードに付いているキャッシング枠を活用することで、必要なときに現金を手に入れることができます。審査自体はクレジットカードを発行する際に既に行っていますので、審査なしで速やかに借り入れできることがキャッシングの大きなメリットと言えます。注意しなければならないのは金利の高さです。キャッシングの金利については利息制限法や出資法において規制されていますが、それでも20%という高い金利が設定可能です。法律上は、借入額が10万円未満の場合は20%が上限、10万円以上100万円未満の場合は18%が上限、100万円以上の場合は15%が上限となっています。キャッシングで借り入れることができる金額は、ほとんどの場合100万円未満ですから18〜20%という高い金利がほとんどです。そのため、キャッシングは少額の現金が一時的に不足するため、短期間だけ借り入れを行いたいという人に適しています。長期間の借り入れが必要な場合には、別途審査を受けて、金利の低い借り入れ方法を選ぶ必要があります。キャッシングの場合には、短期間の借り入れが前提ですので、返済も一括払いが基本です。利用する場合には、返済計画をあらかじめ立てた上で、無理のない借り入れをすることが重要です。

利息の事を考えましょう

貯金箱

生活をしていれば、大きな買い物をしたり突発的な出費が重なったりする事もあるでしょう。その時に、手持ちのお金がなく周囲からも借りる事が難しい場合は、キャッシングなどを利用して対処するのも一つの方法です。しかし、キャッシングを利用するとなれば、必ず利息は付いてきます。なので、金利の比較をしておく事は大切です。キャッシングを利用するとなれば、金利は金融機関によって大きく異なります。その為、法律で上限金利が決まっており、法律では借り入れ額の年20%が上限となっています。また、支払いの遅延をしてしまった時にも上限金利が決まっているので、借り入れをする前に理解をしておく必要があります。その上で、キャッシングを利用する金融機関の比較をするとよいでしょう。借り入れ額や返済期日なども面も考慮して決めると、返済時に遅延する可能性も低くなります。お金に困っている時だからこそ、しっかりと比較をする事が重要です。しかし、実際にお金を借りたいと思った時には冷静な判断が出来ない事もあります。そのような時には、インターネットで比較をすると良いです。インターネットであれば24時間いつでも比較が出来ますし、金融機関によっては借り入れ額に応じた金利のパーセンテージがわかるようになっています。なので、金利がどのくらいになるのか一目瞭然です。借り入れをするのであれば返済時に遅延する事がないように計画的にキャッシングを利用する事が重要です。